ランドセル 2008の情報満載@ランドセル 2008通販情報館
powerd by 楽市360

ランドセル 2008モデルについて

ランドセル 2008モデルのランドセルの素材について

ランドセル 2008モデルのランドセルの素材について記事を書きたいと思います。

ランドセル 2008モデルも、それ以前のここ数年のランドセルも、造られている素材は、大きく分けると2種類あります。人工皮革製品のランドセルと本皮製品のランドセルがその代表格です。本皮製品の代表は、牛革のランドセルです。牛革は、生き物の皮、皮革でありますから、味わいがあって、小学校に通う6年間、お子さんも愛着を持って使うことができると思います。

牛革の特徴は、「クラリーノに比べて引き裂く力に強い、クラリーノに比べて重い、水分を嫌う、馴染みやすい」などがあります。

もう一つの人工皮革製品の代表はクラリーノです。ランドセル 2008モデルも含めて、ここ最近のランドセルの人気の売れ筋はクラリーノだそうです。やはり、クラリーノは軽くて丈夫なので人気があるんですね。お子さんが背負うものですから、軽いものを選んであげる親御さんが多いということだと思います。

クラリーノは人工皮革で、(株)クラレが開発しました。従来の合成皮革にない、軽くて丈夫、防水効果に優れているなどの性能を持っているので、ランドセルの素材としては最適といわれています。クラリーノのそのほかの特徴は、「牛革に比べて重量が軽い、牛革と比較して引き裂きの力に弱い、水分に強い」などがあります。

ランドセルは場所によって、強い力(引っ張りや摩擦力など)に耐える強さが必要なところや、 湿気や水に対処する所など、部分ごとにその役割が違ってきます。全部牛革でできたランドセルや部品もなにもかも全部クラリーノのランドセルよりも、牛革素材のよさと、クラリーノ素材の良さを総合して適材適所に組み合わせたランドセルが最も理想といわれているそうです。

以上、ランドセル 2008モデルのランドセルの素材についてご紹介しました。

ランドセル 2008モデルについて

ランドセル2008モデルの傾向

ランドセル2008モデルの傾向について記事を書きます。

ここ数年、本当に様々な新しいデザイン、新タイプのランドセルが出てきて、その種類が増えているようです。色については本当に様々なカラーがあります。「カラーランドセル」という言葉もあるように、ランドセルのカラーバリエーションがとても豊富になっています。男の子でいうと昔は黒と決まっていたような気がしますが、紺やグリーンなどがあります。 ただし、ランドセル専門店や大きなお店でないと希望のデザインや色が求め難いようです。

デザインでいうと、子供さんに人気のキャラクターのものから、ランドセル自体の見かけが今までと違う半カブセ型のものやハーフトップ型のものなど、本当に選ぶのに困ってしまいそうですね♪

ランドセル2008モデルも含めて、新しいタイプのランドセルの販売数は年々増加していて、最近の風潮を象徴しているように思います。デザインなど個性的なランドセルを従来型のランドセルよりも好む傾向が顕著になってきているようです。

その他、最近のニュースなどでお聞きのことと思いますが、小学生のお子さんが事故や犯罪に巻き込まれるような痛ましい事件も非常に多くなってきており、また通学時の子供の安全のためにも、自衛のためにと防犯ブザー付のランドセルの購入を希望される方も多く、防犯ブザー付のランドセルが人気になっているようです。

ランドセル 2008モデルについて

ランドセル2008モデルの価格について

ランドセル2008モデルの価格について

ランドセル2008モデルも含めて、ランドセルの販売価格についてですが、よく店頭で「何%引き」「何割引き」などと表示されている場合がありますが、この「割引率」に惑わされないようにしましょう。

一般にこういう表示がされていると、「割引き率が大きい方がお買い得」と思ってしまいますが、ランドセルに関してはこういう価格の表示は当てにならないことがあるので注意が必要です。

ランドセルの価格設定には、特に基準が決まっていないので、実際に店頭で販売する価格に基づいて「メーカー希望小売価格」を設定して良心的なメーカーの商品で有れば問題ありませんが、はじめから店頭で3,4割引で販売するために「メーカー希望小売価格」をあらかじめ高く設定しているメーカーもあるようです。

というわけで、「メーカー希望小売価格」自体が当てにならないことがあるのです。

ランドセルを選ぶときは、「メーカー希望小売価格」や「割引率」を余り気にしないようにして、実際に販売されている価格とランドセルの品質自体を、他のメーカーのものと比較して、自分が納得のいったものを選ぶことが大切だといえます。

以上「ランドセル2008モデルの価格について」でした。

ランドセル 2008モデルについて

ランドセル2008モデルの素材はクラリーノが人気

ランドセル2008モデルも含めて、現在のランドセルの素材は、大きく分けて本皮製品と人工皮革製品に分けられますが、ランドセル2008モデルの素材の種類で人気なのは クラリーノ製のランドセルで現在の主流となっています。

クラリーノは、株式会社クラレが製造している人工皮革で、天然皮革の持つ構造を再現した人工皮革なのです。 人工的に作られたものなので、本皮の製品と比較してとても軽く、雨が降って濡れた場合も水分にも強い特徴があり、ランドセルには一番適している素材といわれています。そんなクラリーノについて調べてみました。
クラリーノ
人工皮革で丈夫で軽い特徴があります。水に強く、手入れも簡単にできます。
クラリーノF(FX)
クラリーノに比べてソフトな感触で、ツヤ・質感・透湿性がより優れた人工皮革といわれています。
クラリーノ・テクラス
クラリーノを原反加工を施し、表面の強度を向上させるなど耐傷性を高めたもので、クラリーノの最高級品です。


クラリーノにも様々な品質ものがあり選ぶのに迷ってしまいそうですが、あなたの大事なお子さんが小学校に通う6年間は必ず使用するものなので、財布に余裕があり同じ買うならば、なるべく上質のクラリーノ製のランドセルを買うべきだと思います。

人工皮革のランドセルに比して、本皮製品のランドセルは革の風合いがあるので、本物志向の方には本皮製品のランドセルが好まれているようです。ただし本皮製品は、価格の安いものは、避けた方が無難でしょう。本皮製品についても調べてみました。
牛皮
本物志向の素材なのでこのランドセルは使うほどに愛着がわいてくると思います。
コードバン
馬皮の尻の部分を加工したものです。コードバンは、1頭の馬から1〜2枚しか取れない貴重な素材だそうです。コードバン製のランドセルは型くずれが少なく、長年美しい光沢を保ってくれるそうです。


以上、ランドセル2008モデルの人気素材についてでした。

ランドセル 2008モデルについて

2008 ランドセルの流行色、デザインについて

ランドセル2008モデルの流行色について記事を書いています。 昔は、男の子のランドセルは黒色、女の子のランドセルは赤色と決まっていたような覚えがあるのですが、最近では様々な色のランドセルがあるんですよ♪赤や黒は昔からある定番の色ですが、ピンクや黄色、紺色、緑色などと大変カラフルになってます。

ランドセル2008モデルの流行色の人気のほうも、男の子は昔からある定番の黒色が人気ですが、やはり最近の世相を反映してか紺・深緑なども人気があるようです。女の子もやはり一番人気は定番の赤色が人気ですが、ピンク又はワイン色など、お子さんの希望で、カラフルな色のものを求める方も結構いらっしゃるようです。

ただし、たいていの場合は、実際に学校に行ってみると、自分以外の子は黒か赤の定番のランドセルばかりなんてことになることが多いそうです。やはり、日本人は周囲との関係を重視する傾向にあると思いますので、例えその学校でランドセルの色が決まっていなくても、ランドセルといえどもやはり周りの子供さんと歩調をあわせて定番色を選んでおくのが危なげないと思います。

また、ランドセル2008モデルのデザイン的な傾向では、今までのランドセルのように表面にツヤのあるピカピカのランドセルよりも、つや消しタイプあるいはつやを抑えたタイプが人気があるそうですよ♪ツヤのあるタイプはなんとなく、真新しいイメージがあって新一年生にピッタリな感じがしていましたが、つや消しタイプのようなシックなイメージが流行るというのは、なんとなくカッコいいというような最近の世相や風潮を反映してのものでしょうか?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。